右折の矢印信号も安心してはいけない

2014.6.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

仕事への通勤や普段の買い物、旅行やドライブなど、レジャーの場でも、自動車は、私達の生活に欠かせないものとなっています。
こうした様々な用途により、国内至る所に普及しており、運転するドライバーの数も非常に多いものとなっています。

 
首都圏などの主要道路では、その交通量も非常に多く、渋滞などの交通問題も引き起こされています。
自動車を運転するにあたり、もっとも注意しなければならないのは、安全への配慮です。不注意などから交通事故を発生させると、様々な被害や損害を被ることとなるため、ドライバーは、交通法規の遵守はもちろんのこと、安全運転に務める義務を怠ってはいけません。

 
しかし、どれだけ注意して運転していても、交通事故に巻き込まれる確率はゼロにはできません。いくら自身が交通法規を遵守していても、無謀な運転をするドライバーによって事故を引き起こされることもあるからです。

 
特に交通事故が発生しやすいのは、道路が交差している交差点で、交通量の多い場所では、右折車用に矢印信号を設けている所もあります。

 
しかし、こうした矢印信号も、過信しすぎてはいけません。矢印信号は、補助的なものという印象が強く、無視をするドライバーが多いため、矢印信号が表示されていても、周囲の車の動きを常に確認しながら走行するといった注意が非常に重要です。

ウェディング12

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。