信号が青になっても一呼吸おいて発進する

2014.6.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車を運転していると事故にあう危険性と常に隣り合わせになるという意識を持つことが大切ですが、実際に事故にあってみなければ分からないことも多くなります。

 

事故を避けるためには運転に関する一般的な常識を守るだけではなく、自分で安全を確保するための一定のルールを決めることが大切なのです。

 

交差点内での事故は交通事故の中でも高い割合となっていますので、一時停止は必ず守らなければいけませんし、停車状態から発進する際には安全確認を徹底することが大切なのです。

 

交差点や一時停止の安全確認には左右の確認をすることが普通ですが、しっかりと確認して一呼吸おくという行動も有効なのです。

 

安全確認を怠って発進すると、左右からくる車両に気が付きにくくなりますので、確実に車や歩行者の有無を確認することが大切なのです。

 

交差点での事故には右折車と直進者のオフセット衝突が多くなりますが、同時に側面衝突もおこります。

 

全ての人が交通法規を守っていれば事故は起こらない訳ですが、一部の交通法規を守らない人によって事故が引き起こされるのです。

a0002_000036

 

交差点内の事故では信号無視もありますが大事故に繋がるか可能性が高くなりますので、青になったからと言ってすぐに発進するの絵は無く一呼吸おくことも大切なのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。