交差点通過の仕方

2014.6.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車を走行させている時には交差点に進入することがあります。

 

その際には安全に通過するためには、一定の知識を持って運転することが必要とされています。

 

例えば直進を行う場合では、左右からの信号無視などをしてしまう自動車がいないかどうかを瞬時に見極めることも大切になります。

ウェディング14

また、歩行者も同じように、信号を守ることなく道路を横断してしまうケースも見られるために、常に前方を確認することも必要になります。

 

また、前方に障害物などがある場合では、急ブレーキなどを踏んでしまった場合には、後続の車両に追突されてしまう可能性もあるために、バックミラーなどで後部の状況も常に把握しておくことも大切になります。

右折を行う場合で注意したいこととしては、前方から走行してくる自動車や、オートバイに注意することは勿論ですが、横断歩道を渡っている歩行者にも配慮することが必要になります。

左折を行う場合では、後部からのオートバイなどに注意することも必要で、いわゆる巻き込みに関しても十分に注意を払うことが必要とされています。

 

赤信号などで停車していた後に、青信号に変わった段階で通過する場合では、急加速などを行うこと無く、常に安全運転を心掛けることが何より大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。