渋滞時は前方の状況を見極める

2014.6.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車を運転する際には、当然のことながら前方を見ながら運転しますが、これが渋滞になると、見通しが悪くなると言ったこともあり、あまり前を気にせずに運転してしまうことにもなってしまいます。

 

しかしこれは逆です。

道が混んでいて、車間距離が短くなるからこそ、前を注意して、その状況を見極めて運転しなければなりません。

そうでなければ、前の自動車が動き出したかと思うと急に止まることもありますので、追突事故の恐れがあるのです。

追突を防ぐためには、直ぐ前の自動車だけを見ているのではなくて、その前方、数台前の自動車の状況も見極めて、もうすぐ動き出しそうだとか、止まりそうだとか言うことを予測しながら運転しなければならないのです。

 

そして、特に注意すべきは、交差点や踏切です。

この様なところで前の車が動かなくなってしまって、自分の車も避けようがなくなってしまうと、信号が変わったり、遮断機が下りたりしたときに大問題となってしまいます。

交差点ならば、前の方が支えているようならば、停止線のところで止まって、交差点に侵入しないようにしなければなりませんし、踏切でも同様です。

そうしないと、交差点ならば、交差する道路の自動車の進路を邪魔するだけで済みますが、踏切の場合には、事故になってしまうからです。

a0001_000062

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。