対向車に道を譲ってもらった時は2輪車に注意する

2014.6.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ウェディング13幅広の主要幹線道路を運転していて大きな交差点に入り、右折するために自分が右折レーンの先頭で停車しウインカーを出しながら待っている時の状況です。対向する車線の先頭車両がヘッドランプを照らして道を譲る合図を出しました。こちらは右折のためにアクセルを踏んで、車を進めて交差点を抜けようとします。その時、ヘッドランプを照らした車の脇をすり抜けるようにして二輪車が現れ、こちらの鼻先を抜けて行った、なんていう経験は誰しも一度はしているはずです。

 
このような場合、注意すべきは対向する車線が渋滞しており、信号が青の時です。対向する車は交差点の中に入る意志がないため快く道を譲ってくれますが、譲る車はそのそばを二輪車がすり抜けていることには気づいていません。そして二輪車にとっては青信号であるため、スピードを落とさずに交差点に突入してきます。

 
このとき、対向する車線の車両によって双方が死角になっているために、衝突事故が発生する可能性が高くなるのです。
衝突したらあちらは裸で乗っているようなものです。こちらが身体上の怪我や障害を負うことはなくても、あちらが酷い怪我や障害を負ってしまう可能性は十分考えられます。

 
そんな悲惨な事故を避けるためにも、対向車に道を譲ってもらったときには二輪車に注意をする必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。