交差点での右折の仕方

2014.6.4|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ウェディング10車を運転していると必ず交差点内に入り右折する事が有りますが、右折する時に気を付けないといけない事は対向車の確認は勿論行う事で、それ以外だと対向車の影から出てくる自動二輪車と右折した時にある横断歩道の歩行者や自転車に注意をしないといけません。

 
特に対向車が過ぎた瞬間に急発信をして対向車の影に隠れている自動二輪との接触をする事故が多い為、対向車が過ぎても少し間を開けてから自動二輪がいない事を確認して曲がる様に心掛ける事と対向車ばかり注意をして曲がった瞬間に歩行者や自転車が横断している事もありますので、対向車が過ぎた後には自動二輪と歩行者と自転車がいない事を再確認してから右折する事がとても大事です。

 
又、曲がる瞬間にも自動二輪や原動付き自転車が車の右側に並ぶ事がもしかしたら有るかもしれませんので、曲がる時には右後ろ後方も確認をしてから曲がる様にして下さい。
巻き込み事故は左に曲がる時が特に多い事故ですが、右に曲がる時も巻き込み事故が起こる可能性もゼロではありませんので、注意が必要です。

 

左や右に曲がる時は急発進をせずになるべくゆっくりなスピードで曲がり周りを出来るだけ注意して見る様に運転をして事故を防ぐ事を心掛けて下さい。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。